公正証書作成代行センター/遺言公正証書の作成/秘密証書遺言

「公正証書作成代行センター」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休

遺言公正証書の作成

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは?:自筆証書遺言と異なり、必ずしも遺言者の自筆でなくてもよいのが特徴です。自分の氏名を書く事ができる者であれば、内容を秘密にして遺言する事ができます。
公正証書の原案作成に関するご相談は今すぐこちらへ

秘密証書遺言の作成方法

ワープロや代書してもらってもかまいませんが、遺言者はその証書に署名し、印を押した上でその証書を封じて、証書に用いた印鑑で封印をしなければなりません。
その上で、遺言者は公証人と証人2名の前で封書を提出し、自らの遺言である旨及びその筆者の氏名および住所を申述します。
公証人は、この証書に提出した日付および遺言者の申述を封紙に記載したあとに、遺言者および証人とともにこれに署名し、印を押す事により作成されます。

公正証書の原案作成に関するご相談は今すぐこちらへ

秘密証書遺言の注意点

  • 秘密証書遺言公証人に封書を提出する事によって、その作成手続きに公証人が利用されますが、公正証書遺言と異なり公証人はその内容までは関与しません
  • 自筆証書遺言の場合と同様に相続が開始した際には、家庭裁判所に提出して、その検認を受けなければなりません。
  • 遺言内容の作成において他人が関与しないため、遺言内容の秘密は保たれますが、内容に不備があり無効になってしまう可能性もあります。作成に際しては十分な検討・注意が必要です。

【参考】更に詳しい「遺言・相続」については相続問題連絡協議会

公正証書の原案作成に関するご相談は今すぐこちらへ
space