公正証書作成代行センター/遺言公正証書の作成

「公正証書作成代行センター」TEL:03-6452-9889、受付:AM10時〜PM8時・日祝定休
公正証書作成代行センター>遺言公正証書の作成

遺言公正証書の作成

遺言とは?:死亡した人の財産は、共同相続の制度により、民法が相続の受ける者の範囲とその各相続分を定めています。(法定相続分) この法定相続分と異なる財産の分割を行いたい時等に、遺言の必要性が生じてきます。
つまり遺言とは「財産を残す者が、生前に自由意志で遺産の配分を決める事」です。

遺言能力者

満15歳未満の者は遺言をする事ができません。また遺言をするためには、遺言者が遺言時に意思能力を有する事が必要です。

公正証書の原案作成に関するご相談は今すぐこちらへ

遺言執行者

遺言書の内容を実行(遺言を執行)する人です。
遺言書による子の認知の届出や、相続人の廃除等の請求は、遺言執行者でなければできません。尚、遺言執行者には特別な資格は必要ありません。
指定された人が辞退した場合や、指定されていない場合は、家庭裁判所に選任してもらう事になります。

【参考】更に詳しい「遺言・相続」については相続問題連絡協議会

公正証書の原案作成に関するご相談は今すぐこちらへ
space