2013年11月29日

離婚給付公正証書 1046

離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを 5

●探偵、興信所

「勝つための使える情報」を手にする事ができるでしょう。浮気等の証拠を掴んでくれます。実際に依頼しなくても、ホームページを読むだけでも証拠固めの為のリアルなノウハウが沢山みつかります。

但し、悪質な業者もあります。必要以上に調査員の数や調査書の枚数を増やされたり、成功報酬型といいながらも何らかの名目で追加料金が発生したりのトラブルもあるようです。何もかもを鵜呑みにせず、依頼する場合は慎重に吟味しましょう。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月28日

離婚給付公正証書 1045

離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを 4

●離婚給付公正証書カウンセラー

悩んでいる段階なら、離婚カウンセラーの方が適切です。百戦錬磨、法的なノウハウもバッチリです。離婚以外の道が開ける事も多いようです。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月27日

離婚給付公正証書 1044

離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを 3

●弁護士

弁護士に相談する場合は、心の整理がつかないまま相談に行っても、愚痴に終始するだけで時間とお金が飛んでいきます。相談料は305,000円が目安ですが、裁判となれば100万円以上の出費になりますので、相当の覚悟が必要です。勝算がない離婚裁判は敬遠される事もあります。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月26日

離婚給付公正証書 1043

離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを 2

●行政書士

先ずは充実した内容の離婚協議書を作成、その後に公正証書にします。但し、書類作成だけの机上の知識では上手な離婚はできません。離婚相談の経験豊富な事務所を選びましょう。ホームページでメール相談を受けている事務所も多いので、利用してみましょう。文書を作るのが専門ですが、実践的な離婚ノウハウと法務アドバイスが期待できます。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月25日

離婚給付公正証書 1042

離婚のポイントをおさえて専門家からノウハウを 1

一括りに「離婚相談」といっても、それぞれに専門があります。

●行政書士

最終的に文書化する場合は専門家のチェックを忘れないで下さい。行政書士を利用しましょう。離婚に特化した事務所であれば、かなりしっかりとしたアドバイスが期待できます。法務知識のない夫婦での取り決めを文書化してしまうと取りこぼしも多くなります。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月22日

離婚給付公正証書 1041

養育費 5

家庭裁判所の他にも、無料の相談窓口があります。地域によって色々な窓口がありますので、市役所・区役所に「離婚に関する相談」は何処にすべきかを問合せましょう。弁護士の無料相談会を紹介してくれる事でしょう。

守秘義務がありますから、絶対に誰にも漏れません。家庭裁判所と並行して利用してみましょう。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月21日

離婚給付公正証書 1040

養育費 4

家庭裁判所への相談の申込ですが、特に予約は必要ありません。

家庭裁判所の受付で申立用紙をもらい、土曜日を除く平日10時から3時までの受付となっています(地域によって違います。ご確認下さい)。相談内容は厳守されます。電話・ファックス等で詳細が取り出せるので利用して下さい。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月20日

離婚給付公正証書 1039

養育費 3

相手も人間ですので相性や感情もあります。もし、納得のいかない解決法を提案され、強引さを感じるようであれば、即答はせずに次回までにじっくり考えてみますと答えておきましょう。その後に専門家に相談するのも良いと思います。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月19日

離婚給付公正証書 1038

養育費 2

家庭裁判所では、調査委員が相談にあたりますが、法律だけでなく、心理学や社会学等にも詳しいですし、何より経験があります。
ただ、一概にはいえませんが、調査委員には当たり外れがあると言われています。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月18日

離婚給付公正証書 1037

養育費 1

先ずは、家庭裁判所の「家事相談」という相談機関をお勧めします。無料です。
家族や友人に相談する事もあるでしょうが、どうしても感情のレベルでの意見になってしまいがちです。無駄に煽られたり否定されたり理解を得られなかったり…。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月15日

離婚給付公正証書 1036

離婚条件 5

養育費の相談についての統計

・親族 22.7% 

知人 3.8%

・母子相談員、役所窓口 3.6%

・弁護士 6%

・家庭裁判所 15.5%

・その他 2.7%

・相談していない 44.1%

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月14日

離婚給付公正証書 1035

離婚条件 4

離婚後の取り決めについての統計

女性 していない 55% した 42%(文書にした23% 文書にしていない19%)

男性 していない 66% した 32%(文書にした17% 文書にしていない15%)

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月13日

離婚給付公正証書 1034

離婚条件 3

また、慰謝料財産分与は、離婚時に一括で支払われるのではっきりしているのですが、月々支払われるはずの子供の養育費等は、とても不確実なものです。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月12日

離婚給付公正証書 1033

離婚条件 2

精神的に追いつめられた状態で、衝動的に届けを出す事も少なくありません。思いこみや知識不足から、相手の一方的な条件の押しつけ・口約束を受け入れ、あとで後悔して泣き寝入りする事もありえます。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月11日

離婚給付公正証書 1032

離婚条件 1

ところで、他の夫婦はどうやって離婚条件を決めていると思いますか? 

ほとんどは、夫婦だけで話し合い、婚届提出する協議離婚」という形態なのです。つまり、法的知識のない者同志の話し合いだけで離婚が完了するのです。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月 8日

離婚給付公正証書 1031

国際結婚2

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月 7日

離婚給付公正証書 1030

ない袖はふれない? 2

今の時代、離婚はあなただけの特殊事情ではないのです。離婚経験者はあなたの周りにも何組かいらっしゃると思います。皆さん幸せそうですか。木を知るには、その実を見よ…離婚後の姿をみて、自分の選択の答えが見えるのですが…。さて、どうでしょうか?

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月 6日

離婚給付公正証書 1029

ない袖はふれない? 1

離婚。増えています。確かに。欧米に較べて、日本の離婚率はまだまだ低いといわれていますが、それでも、1分50秒に1組、そして、3組に1組が離婚しているといわれています。5年以内の離婚も多いですね。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月 5日

離婚給付公正証書 1028

離婚豆知識 4

パソコンなんて使えないわ・・という方も、是非、挑戦してみて下さい。家族や知人に利用されている方がいればお願いしてみましょう。電話帳で「インターネットカフェ」を調べると、1回1,000円程度で利用できる施設も見つかります。これから自立するのに、パソコンを見た事も触った事もないというよりは、これを機会に体験してみると良いでしょう。インターネットの情報は、常時頼りになる無料離婚アドバイザーとなってくれます。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年11月 1日

離婚給付公正証書 1027

離婚豆知識 3

カウンセリングに抵抗がある人も匿名でのメール相談であれば手軽に体験できるでしょう。また、探偵事務所のホームページからは浮気の証拠の掴み方、メールデータの回復の仕方等もわかります。そこには生の経験が溢れているのです。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月31日

離婚給付公正証書 1026

離婚豆知識 2

それらのホームページに離婚に関する手続きが網羅されています。始めて利用された方は驚く事でしょう。無料で書籍何十冊分もの情報が集まるのですから。離婚経験者からのアドバイスがもらえるホームページも沢山ありますし、手軽な料金での専門家の有料メール相談もあります。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月30日

離婚給付公正証書 1025

カウンセリングケース「公正証書(強制執行認諾約款付)」 4


恵)夫に分割で慰謝料一千万円請求したら、月額10万円ずつ分割なら払うと急に態度が変わりました。養育費は、子供が成人するまで月7万円。もしくは、現在の住まいのマンションのローンを夫が支払う事で相殺という形にするのはどうかと。名義は私にしてくれて残りのローンは全て夫が支払うそうです。この条件で決着してもいいかなと思うのですがどうでしょうか?

カ)恵美さんが納得できるならいいのでは?公証人役場に行って、お金の支払いについての取り決め事項をしっかりと「公正証書(強制執行認諾約款付き)」に記載してから離婚届を書いてね。

恵)はい。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月29日

離婚給付公正証書 1024

離婚豆知識 1

離婚の知識、有効な手段はインターネット利用です。
例えば、検索エンジンで「離婚 相談」と2つのキーワードを入れて検索すれば、【YAHOO!】約14,800,000件、【Google】約4,480,000件のホームページがリストアップされます。(20085月現在)

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月28日

離婚給付公正証書 1023

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月25日

離婚給付公正証書 1022

国際離婚4-2

4-1述べたような考え方が世界の主流になりつつあるため、海外において、外国人である日本人にとっては非常に不利になります。
そうなると、母親は、離婚後も子供と共に、外国で生活せざるを得なくなり、日本には帰って来れ無くなるわけです。
国際結婚には日本人同士の離婚とはまた別の問題が発生する事が予想されるため、より一層の覚悟が必要なのです。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月24日

離婚給付公正証書 1021

国際離婚4-1

●外国人と結婚した日本人女性が離婚して日本へ帰国したい(外国が常居地)

国際結婚をした日本人女性が外国で生活し、外国で離婚裁判をした場合、子供に関して大きな問題があります。それは、子供の親権は取れても、子供を日本に連れて帰れないという事態が起きてしまう事があるのです。なぜかというと、海外での裁判では子供はその滞在国に住むべきだという判例が少なくありません。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月23日

離婚給付公正証書 1020

国際離婚3-2

もし、離婚手続き中に在留資格更新の時期になってしまったら、通常必要書類+追加書類を提出して「日本人の配偶者等」の在留資格更新の手続きができます。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月22日

離婚給付公正証書 1019

国際離婚3-1

●日本人と離婚した外国人配偶者が日本に留まりたい(日本が常居地)

日本人と離婚すれば、「日本人の配偶者等」の在留資格があっても、その資格を失います。しかし、在留資格が残っている場合、実際はその取消はされません。在留資格の終了までは滞在可能です。また、日本人との間に子供がいて、子供を引きとって養育している場合は、「定住者」への在留資格変更ができます。別の日本人との再婚も可能です。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月21日

離婚給付公正証書 1018

国際離婚2-2

また、調停制度すらない国もあるので、調停離婚する場合は、調停調書に「これは裁判の判決と同じ効力をもつ」と入れてもらった方が良いでしょう。
さらに言えば、日本の裁判所における判決を認めるかどうかも各国の法律によるので、それぞれの国に応じて確認する必要があるでしょう。

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月18日

離婚給付公正証書 1017

国際結婚2-1

 ●日本人と離婚した外国人配偶者が本国へ帰国したい(日本が常居地)

日本の協議離婚制度は、非常に簡単な離婚制度であり、世界の中でも少数派です。協議離婚を有効と認めていない国に帰国する可能性がある場合は、日本において裁判所が関与した離婚(調停・審判・裁判)をする必要があるわけです。



 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

2013年10月17日

離婚給付公正証書 1016

国際結婚1

国際結婚の数が増加している事に比例して、国際離婚の数も増えています。
夫婦の一方が日本に常居所(生活の本拠地)を有する日本人である場合には、日本法を適用する事になっています。例えば日本人とイギリス人が結婚して日本に住んでいた場合等です。

しかし、協議離婚等で、日本では離婚が成立しても、外国人配偶者が本国に帰った時に、離婚が有効として認められるかどうかは本国の法律によるわけです。

 

公正証書作成代行センター
ご予約・お問合せは 03-5549-9606

 

Copyright (c) 公正証書作成代行センター All Rights Reserved Powered by geniusweb